取り扱いブランド

GASTON Y DANIELA

ガストンダニエラ/スペイン

waverly

Gastón y Danielaは、スペインの重要な貿易拠点Bilbao(ビルバオ)で19世紀に誕生しました。
その後100年以上に渡り革新的で洗練されたファブリックをつくり続け、世界の主要なテキスタイル・エディターとしての地位を確立しています。クオリティの高さを第一に、Gastón y Danielaのデザインの元である独特の古いデザインを復元するなど、伝統とモダンな要素を組み合わせた革新的なデザインを作りだしています。

販売エリア:世界60カ国以上アメリカ・ロシア・ヨーロッパ・アジア

History

1876年~
Gastón PoirierとDaniela Bolivarによって設立。
Bilbaoにオープンした最初のショールームは市内ですぐに有名になりました。1915年に別のショールームをオープンし、そこがGastón y Danielaの礎となり、以降華々しく発展することとなりました。
1950年代~
1950年代には創始者の孫であるGuillermo Wakonigg Poirierが経営を引き継ぎ、Gastón y Danielaは更なる発展を遂げます。
1952年にはマドリッドに最初のブランドショールームをオープンし、その後バルセロナ、マラガ、パルマなど、主要都市に次々にショールームをオープンしました。
新しい美的感覚のコレクションや、その時代のトップアーティストとコラボレートしたことにより、世界的に知名度がアップしました。また、プリント生地のデザインスケッチのコンテストを開催し、スペインの著名な芸術家達が参加したことにより大きな成功を収めます。
Guillermo Wakoniggは様々なジャンルのアーティスト達から新しいアイデアのヒントを得、新しいテクニックやデザインを探求し続けました。また、世界中の重要な古い建造物の改装にも携わりました。Guillermo Wakoniggが改装に携わった建造物には、スペインマドリッド王宮、アランフェス王宮、グランハ宮殿、マドリッド王立劇場、バルセロナの旧リッツホテル、米ニューヨークのウォルドーフ・アストリアホテルなどが挙げられます。
1960年代~
1960年代以降はヨーロッパ各地、後に世界各地で80を越えるショールームをオープンしました。高級テキスタイルマーケットのなかではGastón y Danielaは個性的でエキゾチックな象徴として認識されました。
現在
今日もその歴史的価値を保ちつつ多くのアーティストやデザイナーとコラボレートし、毎年新しいテキスタイル・壁紙・家具を発表しています。
2011年にはもっともエキサイティングでモダンなコレクションを発表し、ヨーロッパのテキスタイルエディターの中でも重要な位置を占めています。高いクオリティーとバラエティに富んだパターン・テクスチャーは、高級テキスタイルマーケットの中でトレンドセッターとしての地位を確立しており今後もさらに評判が高まると確信しております。
取扱商品 ファブリック(カーテン・椅子張り地)
価格帯 ¥4,000/m~¥50,000/m
納期 (現地に在庫があれば)ご注文後約2~3週間
ミニマム 1m〜

Gastón y daniela社ホームページ

Blog イオニアニュース
最新の情報をご覧いただけます。

このページのTOPへ戻る